June14,03

 

 中村さんいつもお世話になります。

伊藤英二さんから先にExcel 利用のご説明がありましたので、私のアルバム(伊藤さんからいろいろ教えていただいてやっと出来上がりましたので)、お見苦しい例ですが開示します。

 

 もともと私が求めたのは多くの写真(大小あり)を一枚の用紙にPrint outして会に出席した親戚の人たちに配るものでした。 そこで最初はWord の台紙に多くの写真を貼り付けようとしたのですが、どうしても位置決めがうまくいきません。(はがき等に一枚貼り付ける場合の位置決めは簡単なのですが)

 

 そこで伊藤英二さんに助けを求めて、Excel利用のアドヴァイス受け添付ファイルのようなものになった訳です。 これをA4の用紙にPrint outしました。 サイズは400KBを少し越えた所です。

 

 この例では写真も文字もすべてExcel 利用ですが、初めに冒頭と最後の文章をWordで作っておいて、その間隙に写真群(Excel製)を貼り付けたところファイルサイズが7MBを越えてしまいました。 不思議です。

コンピューターにお詳しい方でお時間の有る時、ご教示下されば有難いです。

 

 かくさようにアルバムを作るにも、林さんのCanonのアルバム、伊藤さんのInfo-seek等のソフト利用や中村さんや私の手作りの例があり、一長一短なので使用目的に合わせて利用されるとよいと思います。 

                                              川崎 幸雄

 

- - - - - - - - - - - - - -

 

編集部コメント

編集部コメント

Excelを使う利点は、Excelの罫線の碁盤のような目を用いて、写真の位置が容易に決められることですね。同じことをMSWordでやろうとすると、まずは表を作りそこへ写真をはめてゆけばよく似た結果になりますが、Excelでやるほど位置が安定しないでしょう。前の記事にも書きましたが、MSWord.docでは写真の情報を圧縮しないで内蔵するので、ファイルが巨大になります。xlsかhtmlだと圧縮してしまうので、ファイルが非常に小さく効率がよくなります。ただし、後に拡大すると質が落ちます。MSWordでは元の画像を圧縮しないで内臓していますから、そのようなことがありません。