題名:フォトアルバム-2:「京都・原谷苑の桜」 
中村さんの4月23日「オハイオ州コロンバスの春」流に言えば、今年の関西の冬もことのほか寒く、わが家の「アロエベラ」も昨年までは戸外に置いて冬越しできたのに、あえなく凍死してしまいました。桜の開花時期は平年並みで、そのうえ一気に暖かくならなかったので、(桜に限りませんが)花々は満開の期間が長持ちしたようです。

さて本題に入りますが、私達はフォトアルバム1号に載せた「京都御苑の桜」を見た4月16日に、京都御苑の駐車場に車をとめて(駐車料金:3時間まで;500円。後1時間毎増す毎;100円)、タクシーで原谷苑へ往復しました。場所は、金閣寺の西、御室の仁和寺の北にあたる原谷です。

個人所有の約4千坪の桜苑で、各種の桜が次々に咲きますが、中でも圧巻なのは、樹齢50年余りの百数十本の「紅しだれ桜」が、まさに天を覆うばかりに咲き誇る様でしょうか。紅しだれ桜;3本。白い桜。紅色と白色が混ざった「源平しだれ」。この他、オレンジ色掛かった小花の「ぼけ」。しだれ桃。黄色い「レンギョウ」などが、桜を引き立てているようです。

まだ行ったことがない方は、来年にでも一度行ってみられたらいかがでしょうか?

なお、次回は、「infoseek」へのメンバー登録とフォトアルバムの作成について書きたいと思います。

 

http://photo.www.infoseek.co.jp/AlbumPage.asp?un=118767&key=765935&m=0 パスワードは同じ、「itozw777」です。