2003.8.29

西 村 三千男 記

「前立腺ガンの話題」

 

武山さんと川崎さんが「前立腺肥大」の詳しい話題を掲載されました。

私の身近でも複数の知人が似た症状に悩んだり手術をしたりしています。

熟年男のもう一つの勲章とも云われる「前立腺ガン」の話題が最新号の月刊「文芸春秋」

に掲載されています。5年前に前立腺ガンを全摘出手術し経過良好な読売新聞と巨人軍の

ドン渡邉恒雄氏と前立腺ガンを切らずに治したジャーナリスト本郷美則氏が対談されてい

て、重い話題を楽しく読ませる8ページです。

私の父は前立腺ガンで死亡しました。数十年も前のことですが享年68歳はちょうど現在

の私の年齢です。京大病院に入院して手術しましたが、当時の技術では切除不能とのこと

でリンのラジオアイソトープを埋め込み、睾丸を摘出して薬物療法を続けました。その後

自宅で2年間くらい平穏に孫の子守をしてから逝きました。

毎年の人間ドックで問診の際に「父は前立腺ガン、兄は食道ガン」と不安を話題にします

が「前立腺ガンも食道ガンも遺伝因子の影響は云われていない」と気を安めて下さる。

今のところ、検査結果にも自覚的にも危険なシグナルは出ていません。

以上