危険の確率は無視できなくて、0.1~1%の確率で、何か起こるかも知れないと
いうことです。以前、いろんな手術による、死亡確率を調べたことがあります。最近の事情は調べなおさないとわかりません。
高齢になると、「胃がんになったときに、開腹手術をした方がいいのか、放って
おいたほうがいいのか」判断に迫られます。平均的にいうと、80歳すぎが判断の分かれ目でしょう。
 
TAKAYUKI TAKEYAMA,武山高之
043-295-8330
fax043-295-8331
267-0066 千葉市緑区あすみが丘4-35-22
e-meil:fwhw2415nifty.com