日本語HP編集の難しさ

HP編集の不備に関するご指摘の点すべてごもっともです。不注意によるものと

技術的な問題の両方があります。後者に関しては気にはなっていましたが、
手間のかかることなので、延ばし延ばしになっていました。編集つまり
アイソマーズ諸氏から送られてきた記事をどのような手順で掲載するかは
送った人の原稿の用意の仕方と、ソフトにより変えなければならず、
一定の手順では済みません。誰さんの原稿はこの手順と確定すればまだ
よいのでしょうが、これも煩雑なので、そのときごとにこちらの任意性もはいります。

HPはマイクロソフトWordを使いますが、これが曲者で、なかなか思うように

動いてくれず、たとえばインデントなど、なんかいやってもそろわないのです。
(たとえば2002年のページの2003へのリンクと、2004へのがどうしても

そろいません。)そこへ、異なった方法や字体で書いた(あるいは編集された)
題目をコピーするので、ますます混乱が起こります。

 

さらに、番号つきで項目を並べる場合が非常に困難です。MSWordは、

こちらが番号をつけ始めると、自分でかってに動き出し、しかも非常に勝手な

やり方で番号をつけるので、訂正がなかなか出来ず、とうちゅうで妥協せざるを

得ないことがほとんどです。頭がそろわないところが何箇所かありますが、

そのためです。

 

編集の時にはで何の欠陥もないのに、実際にインターネットで見ると壊れている

所もあります。このような問題は、MSWordの身勝手な性質と不完全性に

あります。本格的に日本語のwebsiteをかくためには、それなりに日本語

専門のソフトが必要ですがこちらでは思うようにならず、仕方がありません。

きちっとそろえる究極の方法は、htmlですべて書くことです。英語だけの
ページはそれでやれます。ところが、日本語はhtmlでは一字一字4けたの
数字なので、暗号で文を扱うのと同じで膨大な対照表を見なければならず、
数語だけならできるのですが、HPをhtmlで書くのは、時間がかかりすぎて

すぐには無理です。

一つの原稿を掲載にかかる時間は、写真がなければ20分以内、写真つきだと
30分以上かかり、掲載が確認されたら読み返しをする暇が残らないことも多いので、

誤植が起きる結果になります。さらに、自宅では出来ず、仕事の合間にしかできない

ことも、慌しく誤字や誤植の原因になります。掲載を完璧にするためのもう一つ

の考慮は、掲載まで一週間くらいみていただくと助かります。

以上は言い訳です。 少し時間はかかりますが、改良に努力してみます。
中村

 

PS

HPを開けるとき、すぐに2004年号が出るようにとの注文については、こちらでも

以前から考えていますが、これをやるためには2002年のページを全部なしにするか

全部やりかえなければなりません。これは2002号にこれまで費やした努力に

ほぼ匹敵します。

 

ですから、2004号を一度にあけるためには、これまでのURLに/isomers2004

をたして

http://olen.eng.ohio-state.edu/isomers/isomers2004

を使ってください。



nishimura michio wrote:

中村さん

 

ご依頼のソイルセラミックスのアウトラインを添付します。

 

なお、今日から2004年HPの見出しページが

何故か乱れています。直りますか?

 

この序にHPの2~3のバグをご連絡します。

手間をかけずに容易に修正出来るのなら

よろしくお願いします。

 

1.書評「カタツムリ・・・」の本文の前にエラーで

  メールと「DC-10・・・」が付いている。

 

2.続ポコポコ・・・の「第6回」が代5回」と誤植されている。

 

3.続ポコポコ・・・の第3回は半角の3が使われている。

 

4.ドイツ化学史の旅余録(その1)で罫線がバケている。

  原稿にMSWordのフリー罫線(4X4から任意に拡張)

  を使用した為かなと想像しています。

  原稿からやり直しましょうか?

 

5.InternetExplorerからHPを開く時、いきなり2004年が

  出ると良い。

  現在は2002年のHPが出てそこから2003/2004年

  を選べる。昨年はいきなり2003年となっていた。

 

西村三千男

--------------------------------