表題の番号の字体はなぜそろわないか   ―お詫び-

 

HPの目次には続番号が使われていますが、新しい記事を掲載するたびにその字体が変化してしまい、編集者の常識を疑われても仕方がありません。実は字体をそろえることは常に心がけているのですが、同じように操作していても、この前と今度では字体が変わることがあり、以前の字体にそろえることが非常に困難なのです。

 

原因がよくわからないのですが、考えられることのひとつは、MSWordを使って編集していますが、そのeditionが一定しておらず(たとえば、家でやったり大学でやったり)、MSWordで使う日本語の中の数字の字体が少しずつ異なるのではないかと、思われます。また日本語には半角文字が出没することもあり、手に負えません。英語では考えられないことです。字体が変化するたびに過去に書き入れた数字を全部書き換えるのもひとつの方法ですが、毎回やるには時間がかかりすぎます。

 

このような訳で、少々無作法なところがあるのですが、お許しください。 

 

ついでながらファイルの命名について一つお願いがあります。マイクロソフト社のウィンドウOSを使うPCでは、ファイルの命名はかなり自由ですが、それが災いしてinternetには使えないことがよく起こります。次のルールを守っていただけますと助かります。

 

(1)ファイル名はかならず英語あるいはローマ字で書き、日本語はつかわない。

(2)日本語のソフトウェアを使わない。

(3)ファイル名にはブランクと特殊記号を使わない。例外はマイナスとアンダースコアです。たとえば abcd-edg_xyz.html はかまいません。

(4)periodoは.htmlあるいは .doc以外には使わない。

 

中村