2005.6.17

西 村 三千男 記

 

森山昇さんと数十年ぶりの再会

 

 先日の「ドイツ化学史の旅」に先付けしたドイツ個別旅行中に、約30年ぶりにアイソ

マーズ・森山昇さんと再会し夕食をご一緒してきました。出発する直前に彼の消息が藤牧

さんから配信されてきました。木下さんの探索ご尽力に依る情報で、デュッセルドルフに

在住されていて、木下さんご夫妻や西村たちがデュッセルドルフに来るなら会いたいとの

意向も伝わって来ました。

 

予めメールでアポイントが成立していて、6月3日夕刻に私のホテルへ来てもらい、家

内も交えて歓談し、更にアルトシュタットのスペイン料理で夕食会を持ちました。ホテル

に現れた森山さんは30年前と変わらずスリムで、スポーティで、若々しく見えました。

毎週、定期的にスイミング、フイットネス等で柔道用に鍛錬されている由。

 

下記するのは、ご本人から直接聞いた森山昇さんの過ぐる30年間の経過と近況です。

先ず「この前会ったのは何時だった?デユッセルドルフの西村のオフィスを訪ねた時?」

「いや、それよりかなり後で、東レの室町の畳式の寮でアイソマーズが集まった時に互い

に出席したと思う。その時ハンガリー人の夫人が100キロにまで太ってしまったとか、

仕事はヨーロッパで高砂香料の産業スパイをしているとか、面白おかしく話していたのを

思い出すよ」「それなら27〜8年前だ。日本に在住した7年の間のこと」

 

 住所とメールアドレス

        Sulzbachstr. 49B,  40629 Duesseldorf,

         TEL/FAX +49-(0)211-92-33254

         e-mail: 520048641485-0001@T-Online.de

(n.moriyama@t-online.de)

  森山さんが使われているパソコンソフトは日本語処理が出来ないものだそうです。

 アイソマーズHPから森山さんについて記述した拙文3編(2002年号:称号詐称、

 噺家・春風亭柳昇とアイソマーズ、2005年号:カムパリ)をコピーして持参し、渡

した。

 

仕事

産業スパイとは言葉のアヤで、高砂香料ヨーロッパの現法を設立する調査と準備をして

いた。その後、現法は順調に発展し、最終的にその現法の社長をつとめて63歳で退職

した。退職後は高砂の契約コンサルタントとして固定給を受けている。デュッセルドル

フにオフィス兼の住居を購入している。高砂香料の引退した会長、社長等をヨーロッパ

でご案内することもある。高砂との契約に触れなければ他社のコンサルタントも引き受

けるが、金儲けではなく興味本位で仕事を選んでいる。

 

 薀蓄

 香料、食品添加物に詳しい。アントシアニン(ブルーベリー)、サポニン(高麗ニンジ

ン)、カモミール、ローズマリーなどの薀蓄をお聞きした。

 

 家族

 夫人は鎌倉に在住。糖尿病と肥満で歩くのがやっと。1〜2年後には車椅子を覚悟して

いる。2007年には介護のために仕事を止めて帰国する予定である。35歳の長男は

服飾関係の起業をした。次男は服飾関係をPRするための写真家を目指している。

 

 ライフワーク(京大の文学博士取得)

 ヨーロッパ中世の食文化史を研究している。フランス語古文の辞書を求めて、13世紀

頃のフランスの関係文献を読んでいる。子供の頃に少し学んだラテン語を本格的に勉強

している。旅行先で教会の壁に書かれた飾り文字も読めるようになった。京大の文博を

狙っている。因みに、イタリア語やハンガリー語を含む五つの外国語は全て学校に通っ

て文法から身につけている。

 

 京大柔道部OBグルメの旅

 5年前から柔道部OBのヨーロッパ旅行の世話をしている。これまでにプロバンス、ス

ペイン、トスカーナなどに行き、今年はノルマンディを計画している。仕事を止めて帰

国する2007年以降はアイソマーズにも同じサービスが提供出来る。

 

                                 (おわり)