大澤さん

「奥さまが週に3日もお孫さんの世話に行かれる」と聞いて「近い、短時間で会えるなぁ」と驚くやら、

羨ましいやら、安心したりです。(わが家は孫の所まで500km、5時間です)

毎週奥さまからお孫さんの成長振りを聞かされますね。

学童疎開とは懐かしい言葉ですね。これも地図検索によると上田と長野県佐久市望月とはホントに近いですね。

今は寒くはないし、何でもありの便利な場所になっているでしょう。

私も岡山市内に住んでいて、昭和20年6月29日に大空襲を受けた後、7月だったかに決まっていた疎開が何故か中止になり、

「がっかりするやら、ホッとしたりしたり」したことを思い出しました。(国民学校4年生の想い出)

伊藤ZW

----- Original Message -----

From: OsawaEiji@aol.com

To: itozw77@yahoo.co.jp

Sent: Friday, December 15, 2006 5:32 AM

Subject: Re: 快適な地への引越し完了おめでとうございます。

 

伊藤さん
 コピーを沢山流して頂いてありがとう。仕事が遅くなり、転居挨拶も未完成状態なので、おおいに助かりました。
 
 家内は依然として、孫の世話で週に3日は東京目黒に行きますが、上田の自宅から7分でJR上田駅、新幹線で1時間半で東京駅に着くので、実に便利です。昔を考えると夢のようです。戦時中に、当時住んでいた東京杉並から、学童疎開で、上田の近くの望月に来て1年余り過ごしたのですが、魚のないことと、寒いので閉口した記憶があります。

 
大澤