2006.10.19

西村 三千男 記

続々「ポコポコ・イタリアーノ」

 

第16話 ヴィーナスのヘソ(Lombelico di Venere)

 

TVイタリア語講座の「ボローニャを歩く」シリーズでこの地方特産のパスタが紹介さ

れた。名をトルッテリーニ(tortellini)という。その昔(神話の頃?)、locanda(ホ

テル)の主人が偶然目撃したヴィーナスのおヘソをイメージして、手許にあったパスタ

生地から創作したという故事がテキストに載っている。イタリア語を翻訳しているのは

前回(第15話)登場の女流漫画家である。そう言われて見れば、このパスタはおヘソ

にそっくりの形状をしている。

 

既にご存じの方もあろうし、ネット検索して写真を見れば「これなら知っている」と

思う方々が多いだろう。形状はギョウザのサイズをドンドン小さくし、くるりとリング

状に丸めたようなものである。イタリア語講座で作り方も紹介された。その皮は小麦粉

と鶏卵から(水を全く使わないで)ソバを打つ様にシート状にしたものから切り出す。

中味の詰め物はチーズ、生ハム等イタリア自慢の食材からつくる。コンソメスープに浮

かせてスープパスタにするのが一般的な調理法だそうだ。

 

ここでご覧にいれる2枚の添付写真は、トルッテリーニとよく似たパスタでトルッテ

ローニ(tortelloni)という。昨年6月のボローニャ旅行の際、ホテルの傍に見つけた

IL FAGIANO という名前の小さなピッツア・リストランテで撮影した一皿及び別の食材

店で撮影したものである。軽いランチを何にしようかと、小さな子連れのママさん女主

人にこの店のお勧めを聞いてこれを選んだ。とても美味しかったので、この料理を覚え

ておこうとお店の名刺に料理の名前を書いて貰っていた。去る8月、テレビ講座を視聴

していて、そのことを思い出してカードを探した。トルッテローニはトルッテリーニと

比べてサイズがひとまわり大きくて(おヘソらしくない)詰め物が magro(肉系以外)

であるそうだ。調理もスープパスタではなかった。

 

写真(DSC02382)   と     (DSC02447)

 

 

                       (以下次回)