アイソマーズ諸氏への質問             9-11-08

 

最近、農薬と毒性カビ汚染米の件で騒がれていますが、このような汚染された米から、農薬やカビの毒を手早く米の使用者あるいは消費者のほうで検出する方法はないものでしょうか。例えばPH計のような手ごろな検出器で検査できれば、安心できますね。血糖値も小さな道具で測定できます。こんな道具が開発できれば、すごい特許料も稼げるでしょうし、また新しい会社も作れます。どんな原理で検出できるのか、どなたかのご意見を聞かせていただければ幸いです。

 

中村

 

ps:

5~6年前の経験ですが、麹作りの試みの最中に種々のカビを生やした米に紫外線を当てたことがありました。色とりどりの非常に美しいけれども奇怪な世界があらわれます。そのときは、こんなわけの分からぬ世界にこれ以上立ち入るのは止めようと思ってのですが、それぞれのカビは特有の蛍光を発しているのは明らかです。紫外線ランプは家屋などでカビの生えた場所を見つけるのにも利用されています。だから、蛍光色とカビの種類の関係がわかっていれば、それだけでもかなりの情報をつかめるのではないでしょうか。蛍光色とカビの種類の関係の資料はまだ見つかっていませんが、もしまだ何処にもないなら、これは微生物研究者にとって手ごろな研究テーマになるでしょう。