関西アイソマーズ3月例会報告    2008-3-17    伊藤英二

 

3月例会は3月13日(木)に宿本さんのお世話になり、いつもの備後町クラブで開かれ

ました。参加者は前回に続いて東京から藤牧さんを迎えて10人でした。

 

次回予定:5月21日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題など(順不同)

藤牧さん:3月10日(月)に関東在住15名中12名が会合

アイソマーズ50周年総会の件で下記を提案

 総会の場所:京都、日:11月26日(水)中村氏が出席できる日を勘案して

 関西の意見:場所と日に異存はない。昼の会食をベースに夜の語らいの場はオプション

しかし、京都大学の構成、建物など変貌している。

  工業化学科は桂キャンパスへ移っている、楽友会館は消滅など。

 結論:藤牧さんが持ち帰って再度相談する。

 

 福岡伸一著「生物と無生物のあいだ」を読んでいるが、西村三千男さんの書評の通りで、

 判りやすくて面白い。

 

木下さん:四国八十八寺遍路歩行旅は前年の徳島県を終えてギブアップ。

 

内本さん:

三人展;3月18~23日、三条通り

河原町西入る、ギャラリーみすや2階

内本さん;スペイン巡礼旅の写真、

節子夫人;七宝、義弟藤原氏の陶芸

 

 

 

 

 

 

 

他:北京オリンピック(8年後の東京誘致)、中国の覇権主義、食の安全意識。

  オペラが文化として根付いている欧米諸国と日本の聴衆の対比。    以上