「アイソマーズの読者が一人増えました」 4-8-08          中村省一郎

 

今年、長らく会っていなかった中学時代の友人たちとの再会の機会があり、

それ以来中学校同窓会のウェブサイトを立ち上げることになりました。まだ

出来たばかりのため、今のところ投稿してくれているのは東(あずま)

正弘氏一人だけで、私と彼の二人だけの記事しか掲載していませんが、ほかの

人たちにも寄稿を呼びかけています。そのウェブサイトにはアイソマーズ

ウェブサイトへのリンクを掲げていて、われわれアイソマーズの作品を

読んでもらえるようにしてあります。

 

その東さんがアイソマーズ通信を読んで感想をめーるに書いてくれましたので、

紹介します。東さんの作品はここをクリック

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 

(前略)

「アイソマー通信を」開いて、拝読の毎日です。すばらしいサイトの場がはじめから出来上がっていて、

興味を持って研究しています。ここでも、小生のお決まりの理科系と文科系の差を感じています。

 

われわれは、どんな文章を書くにしても、無意識にではありますが、かならず起承転結の形を

こしらえる癖がついています。理科系の方たちのように、理論の輪をつなげていって、だれにも

動かしがたい真理へ到達せずばなるまいという意気込みはありません。つねに、つまらない落ちをつけて

終わりです。それで悦に入っている始末です。そんなことで、通信は拝読に飽きることがありません。

(後略)

 

東 拝

 

  中村省一郎 様