大阪TLO           2008−9−14      吉田慶志

 

平成13年から大阪TLOという組織にいます。当初はほぼフル勤務でしたが現在は

週1−2日です。
  TLOとは、Technology Licensing Organization(技術移転機関)の略称で、大学の研究

成果を特許化し企業に技術移転するとともに、得られた対価を大学の更なる研究資金に

充て、新たな研究成果を生み出す『知的創造サイクル』の役割を担う機関です。 
  日本では、平成108月に『大学等技術移転促進法』が施行され、TLOの設立が支援

されています。平成13年に知的財産基本法、15年に国立大学法人化、有力大学に知材本

部設置等、産学連携が進んできました。大学の使命が研究・教育プラス産業貢献の時代に

なりました。
  私の所属する大阪TLOは在阪大学学長会の主唱で大阪府の財団内に設置されました。

大学発の技術・特許を売りこむ、流通せせるということは、ビジネスストーリーを構築し

てそれを売り込むことであり、ネットワーク・フットワーク・ヘッドワークがキーポイン

トです。現在は大学側の知材体制も逐次充実してきましたのでそろそろお役ごめんかなと

も思っています。