「ケイパー」か「ケパース」か

(西村三千男氏の一言リマークへの返答 Caper Cooking Tips

 

英語で書くとcaper あるいはその複数でcapers のことですが、(1)単数形を使うのが正しいか、複数で使うかという疑問と(2)caはどう発音するかの、二つの疑問に出会います。片仮名で書くとcaperケイパー、capersケイパーズと書くべきでしょう。Randomhouseの英英辞書で確かめても間違いありません。

 

単数か複数かについては、両方50-50の割合でつかわれています。beansについてもおなじで、例えばbean soupとbeans soupは分け隔てなく使われています。

 

では「ケパース」のケは何処からきたか。フランス語、イタリア語あるいはスペイン語から来ている可能性もあるでしょう。今すぐは答えは分かりませんが、分かり次第報告しましょう。

 

なるべく短くしかも本当の発音に近いためには「ケイパー」と書くのがよいと思います。

―――*―――*―――

 

塩漬けのケイパーには特有の噛み応えと香りがあります。キャビア、オリーブ、アンチョビ、ケイパーと並べてみると共通性があります。それぞれが塩の代わりに使えるということです。つまり、ゆでたスパゲッテイにオリーブ油とこれらのどれかを(必要に応じて刻んでから)混ぜると、しゃれたパスタ料理が手軽に出来てしまいます。

 

ケイパーは地中海沿岸の地域で栽培されている植物Capparis spinosaのつぼみですが、ケイパーのできない土地ではナスタリアムの花のつぼみで代用できるそうです。ナスタリアムは花も安心して食べられる植物です。ナスタリアムは印象派の画家モネが好んだ花として知られ、今もパリ郊外のClaude Monet's garden at Giverny に植えられているそうです。我が家の庭の一角にも毎年自然に芽を出してたくさんの花が咲くので、来年試してみましょう。

中村省一郎 11-23-09

 

Caper Plant Factsケイパーの花

 

ナスタリアムの花