プリンターの苦労

 

西村さんのプリンター経験の記事が反響を呼んでいます。このような情報は非常に貴重です。私がプリンターで苦労したことは前にもかきましたが、その苦労はいまだに解消していません。サムスングのレーザープリンターは今も調子よく使っていますが、昨年 昭子の計算機を買い換えたときOSにVistaを使っているものを買ってしまったのですが、VistaはXPと比べてウイルス対策などではすぐれているものの、以前から親しんできたソフトがほとんど入らないことが判明しました。プリンターもりで、サムスングが繋がらなくなり、仕方がないのでエプソン スタイラスを買いました。

 

それまで日本製のプリンターには毎回泣かされてきたので避けたかったけれども、性能と値段で、また買わされてしまったのでした。幸いこのプリンターは、多くの機能を持っているだけでなく、問題なく動いていますが、1つ問題がありました。それは、紙が出てこなくなることがたびたびあることです。もう一つの文句は、なるべく使わないようにしないといけないことで、そうでないとインクがたちまち消耗して、インク代はプリンター代よりも高くなってしまいます。

 

以前は、HPプリンターを長年使いました。その理由は、日本製が非常に多くの機能を持っていながら欠陥品ばかりなのに悩まされた反面、HPの製品は単一の機能しかないけれども、故障なく安心していつでも使える信頼性があり、大学勤務中は、自分の部屋のも学生のも全部がHPにしてありました。しかしそのHPも5年位前から、機能の多さと欠陥の多さは、日本製と差がなくなってしまいました。サムスングを使い始めたのはそのころでした。

 

計算機とプリンターの選択の難しさはいつまででも続くでしょう。この難しさに拍車をかけるのは、計算機の性能向上と、ますます複雑になるウイルス対策であるといえます。

 

中村省一郎   4-12-09