野尻医師とは人工心臓の学会で必ずのように会いました。彼女の講演はいつも血だらけの心臓切開や心臓ポンプを繋いだような写真が多くて、うんざりしたものですが、美女で才気に満ち英語も堪能に話す彼女は学会でのパーテイなどでは大もての存在、「彼女は僕の昔の恋人だった」などというクリーブランドクリニック研究所のある研究員の(うその)白状を聞いたこともあります。西村さんを通じて、野尻さんの記事を読むなんて驚きました。

 

心臓ポンプの回転部分をベアリングで支えないで磁気で浮かすという手法を最初に取り入れたのは、私の仕事の最初のスポンサーでもあったクリーブランドクリニックです。

 

 中村  8-8-2009