2009.3.12

西 村 三千男 記

 

プリンター更新〜インクジェット複合機〜このスグレモノ

 

自宅で8年間使用したインクジェット・プリンター(エプソンPM−880C)が故

障した。単純な電源コードの芯切れであったが、メーカーの部品保管期限が既に切れて

いて、修理出来ないのである。この機会に、エプソン、キャノン、HPの有力3社を始

め、その他各社も含めて比較検討した上でキャノンの上位機種の新鋭機(MP630)

を選定した。これが望外のスグレモノであった。驚異的な高性能と低価格を紹介してみ

よう。

 

 プリンター:写真用の染料黒インクと文章用の顔料黒インクを並列に搭載している。

       (実はこれが今回の機種選定の決め手になった)

       DVD/CDのレーベル印刷もセールスポイント。

       写真プリントの出来映えも各社競争。

PCを介さずに、写真のダイレクトプリントは各社とも既に常識。

コピー:  通常のカラーコピー以外に、自動両面コピーや「4in1コピー」機能も。

(4ページを縮小コピーして1枚の両面に納める)。

 スキャナー:カラースキャンしたデータをPC無しで直接メモリカードに保存できる。

 

 価格:   ローエンド機種ならこれら高性能を備えて、約1万円である。

世界シェアートップのHP社が割安であるが、収納時のデザインに難。

私の選んだキャノンMP630は約2万円からポイント割引20%。 

 

                                 (おわり)