拝復

 

愉快で貴重な情報を書いていただき、あじわいながら拝読しまし。この次日本へ行くときが楽しみです。栃餅を注文して、老舗漬物店「酒悦」にも行って、内本さんの本格農園も見たい。

 

少し脱線しますが、とくに内本農園には興味があります。まさか老骨に鞭打って鍬一本でというわけではないでしょうから、どんな機械を使って耕し、また根の深い野菜をどう収穫しているのか。駆虫は化学薬品か無薬自然法か。動物からの防御は。品種はどうして選ぶのか。出荷と販売の方法は。などなど興味で一杯です。また、丹波芋(つくねいも)の経験があれば教えてほしいのです。

 

我が家の庭の菜園はままごとのようなものですが、それでも取れすぎるミョウガとシシ唐辛子は日本食店で買ってもらいます。まだいくらでも販売の種類を増やせますが、けっこう手間もかかるので、このくらいが限度です。我が家では化学肥料も少し使いますが、秋に落ちる木の葉を全部堆肥にし、それを土に混ぜるので、作物がよく出来ます。しかし今年は鹿が来ることがおおく、ひどいときには青いトマトを全部食べられてしまいました。来年は電気を通した柵をつけようと考えています。

 

内本さんからの農園の写真の投稿をお待ちしています。

 

中村