2009. . 

西村 三千男 記

 

紫外線と皮膚がん

 

モントリオール議定書の採択から約20年、ここに来て「紫外線・皮膚がん」の

議論が喧しい。オーストラリア、ニュージーランド、北欧諸国、EU諸国等の白人

社会で皮膚がん増加が深刻化しているようだ。

 

南仏ニースから驚きのNHKだより

 

今朝(2009.8.2)のNHKTVは南仏の高級リゾート地ニースから驚き

のニュースを伝えた。海岸で日光浴をする人々が、幼児にはサングラス、UVカッ

トの長袖シャツ、帽子を着用させ、極端なケースではUVカットのテントを使って

いるのだ。日光浴とUVカットはそもそも相反する事柄であるから、漫画的光景で

もある。何でも、EUから「幼児を紫外線から守れ!!」という公式な警告が出て

いるらしい。番組では警告シンボルマークも紹介されていた。皮膚がんが北欧諸国

やEU諸国で統計的に増加しているらしい。

 

 年間を通じて日照の乏しい北欧、中東欧の国々では、南欧のリゾート地で滞在型

の夏休みをとることで太陽光線を補うのが習慣であった。これらの国々に多かった

「膝の痛み」や「くる病」と日光浴が関連して語られてきたのである。

 

オーストラリア、ニュージーランド

 

昨年、一昨年の一頃、ニュージーランドは皮膚がん発生率が世界最高であると喧

伝された。最近の論調はオーストラリア、ニュージーランドと一括りに語られるよ

うになっている。年間を通じて、晴天が多く、紫外線の年間暴露量が日本の7倍、

大洋州の上空にオゾンホールが存在するとも信じられている。統計的に解析すると

居住者のうち白人種/アジア系人種/ポリネシア系人種の間で、皮膚がん罹患率に

有意な大差があるという。

 

NHK「名医にQ・紫外線・皮膚がん」

 

私たちが子供の頃、日光浴は推奨されていた。シイタケを食べて日光浴をすると

体内でビタミンDを産生して「くる病」を予防すると説明されていた。最近では、

日光浴の効用よりも弊害の方が強調されている。日本でも白人社会ほどではないが

皮膚がんは徐々に増加しているようだ。サングラス、アームカバーなどの紫外線対

策グッツが盛んになってきた。男性用のUVカット化粧品や日傘までも売れている

そうだ。

 

NHKの「きょうの健康」や「ここが聞きたい!名医にQ」で、両番組並行して

2009年7月に紫外線と皮膚がんをテーマとりあげた。勿論偶然であるが、その

番組中で「メラノーマ」を詳しく解説された名医は、私の現住所の隣人である。

 

                             (おわり)