二酸化炭素情報交換

 

前書き

 

CO2が地球温暖化に本当に寄与しているかどうかは議論があるが、CO2に関する正しい知識は我々にとって欠かせないことである。なぜなら、人類は莫大な 化石燃料を消費しており、そこから必ずCO2が出てきて、大気中のCO2が増しているからである。人間が作り出している化学物質でCO2ほど多量のものはない。もしCO2が地球温暖化に関係がないとしても、CO2自体毒性があり、あるレベルまで上昇すれば、人間は地球上で生きてゆけなくなる。

 

一方、CO2は植物が成長する上で最も重要な物質である。植物は光合成によってCO2から有機物を生製している。大気中のCO2の濃度が増すと、植物の成長が早くなることが知られている。したがって、CO2を旨く利用すれば、農作物の生産性を高められる可能性がある。また、光合成によってCO2から直接有機物を合成する研究もなされている。したがってCO2は将来の化学者にとって大きなテーマとなるだろう。もし成功すれば、巨万の富にも繋がっている。

 

にもかかわらず、CO2に関しては知らないことが多い。そこで、この機会にCO2に関する知識の交換を提案したい。

 

テーマのあらまし

(1)   大気中の二酸化炭素の量、歴史と将来

(2)   二酸化炭素の発生源と回収法

(3)   化学原料としての二酸化炭素

(4)   二酸化炭素利用法の開発

(5)   二酸化炭素の破棄

各テーマにつき数個ずつの記事が望ましく、アイソマーズ諸氏のご投稿を歓迎します。