ドイツ文化会館を訪問

5/11

皆さん 
 
昨日の質問書をもってドイツ文化会館を訪ねました。 
今回の我々の目的に対応してくれる部署は 
「ドイツ観光局(German National Tourist Office Tokyo) 
という物々しい名称です。 
少し運が悪いことに、赤坂の会館を訪ねると、会館建物の改装工事のために、 
肝心のその部門だけが去る5月6日に仮設事務所へ移転していました。 
移転先は恵比寿のウエスティンホテル東京の4Fの和室でした。 
5ヶ月間の仮住まいだそうです。 
質問書に沿って我々の希望を説明して、パーフェクトは無理でも、一部でも、 
今月中に情報提供をお願いしてきました。 
引越直後の「お取り込み中」の様子であり、 
ここにはあまり多くを期待できないかも知れません。 
 
================================= 
西村三千男 

 

西村 三千男様 
ご苦労様でした。 
本日ドイツ博物館のホームページで、化学部門(2階)は2012年まで、 
残念ながら、改修の為閉鎖中と確認しました。 
Kekule
のお墓はPoppelsdorfの墓地にあること、銅像は旧化学研究所  
の前にあることを確認しました。又、写真入手しました。 
木下 嘉清 

 

 

 

 

ドイツ文化会館を訪問(その2)

皆さん 
 
昨日もらったパンフレットの表紙に(www.visit-gemany.jp)のURLが記載されています。  
これを開いてみて、「そうだったのか。そうなんだ」です。 
昨日訪問した「ドイツ観光局(German National Tourist Office Tokyo)」の 
物々しい名称の訳がわかりました。正真正銘の「ドイツ観光局」の日本支所でした。 
 
そして、実は2005年の「旅・パート1」の頃、 
ルフトハンザドイツ航空の公式HPからのリンクで、 
このWebsiteに知らず知らずにしばしば訪問していました。 
様々なドイツの情報が正確度よく入手できました。 
最近はルフトハンザからのリンクが見つからず「リストラされたかな」と思っていました。 
今回気が付きましたが、逆にドイツ観光局の公式HPから 
逆に、容易にルフトハンザドイツ航空の公式HPにリンクします。 
 
リンクで 
ドイツの本庁(www.germany-tourism.de 
USA
/カナダ支所(www.cometogermany.com 
なども容易に開けます。 
================================= 
西村三千男