200.23

西 村 三千男 記

連載「余談・ドイツ化学史の旅」

 

第17回 カールさんのレストラン

 

 旅の大詰め6月10日。木下さん、武山さん、中村さんの3組は水上音楽祭へ。残った

伊藤さんご夫妻と西村組の4名は「カールさんのレストラン「Goldmarie Muenchen」を訪

ねた。そのレストランは、その日の昼間男性陣が参拝した「ミュンヘン旧南墓地」より、

もう少し (U-6線でもう2駅) 西南方向にあった。

 

カールさんのレストランへ一緒に行こうと伊藤さんを誘った。「カールさんって誰?」

という当然の質問に西村はこう答えた。

「家内は会ったことがあるけれど、私は一度も会ったことがない。

ご両親とは永年の親交がある。

異色のマルチタレントである。

音楽分野の活躍を日本の雑誌{AERA}に紹介されたこともある。

日独バイリンガルでイッセー尾形のドイツ公演の同時通訳をやった。

何処かの専門学校の学長でもある」と。

 

伊藤さんには、ピアノ演奏の勉強にドイツ留学をも視野に入れているお孫さんがある。

そのお孫さんへの土産話となる情報が得られるかも知れないから・・・と、私たちの誘い

に乗った。その宵は、「ウン、学長?」と緊張した伊藤さんは「ネクタイ着用?」となる

も、それは止めた。後で聞いたら、学長ではなく私立高校の校長先生だった。

 

カールさんのご両親とは約45年間に亘る交遊歴がある。尊父はドイツ人彫金師、GM

さん、母堂は日本人実業家KMさんである。その昔、西村がデュッセルドルフに駐在した

際に、一つ屋根の下に住んだことがご縁の始まりであった。家内は、KMさんの会社にも

出入りしていて、KMさん、GMさんと月に数回の頻度で会っている。私自身は年に数回

の程度である。国際結婚したお二人の次男がカールさん、長男は母堂の設立した会社の後

継者となっている。

 

 カールさんはバツイチ。聞けば、カールさんのレストランとは・・・正しくは再婚相手

が友人3人で共同オーナーとなっているレストランとのこと。当日はミュンヘンのビール

を飲みながら、気の効いた料理をすすめられた。支払いの申し出を断られ、結局ご馳走に

なった。スポンサーはKMさんらしい。帰国後、KMさんから電話で「カールのレストラ

ンに行ってもらって有り難う」と逆にお礼を云われた。

写真を2枚ご覧に入れる。

 

IMG_0008.JPG  拡大クリック)

 

IMG_0020.JPG  拡大クリック)

 

(以下次回)