5.中華料理店の方法

 

中華中華料理店で出してくる肉はみな非常にやわらかいことは確かだ。彼らの方法とは、香港、台湾、サンフランシスコでも重曹であるという。これは、多数の人が記入するフォラムも含めて複数の記事で確かめたので嘘ではないだろう。

 

使う重曹の量はくわしくはわからないが、少量の重曹を肉にこすりつけ、6~12時間冷蔵庫に寝かしてから料理に用いる。しかし、重曹の量が多いと肉の味がなくなってしまうというから、肉の味がなくなりはじめる量が上限となるわけだ。

 

重曹をいれたらジェラチンが固まらなくなるかの実験をしてみたいと考えている。

 

中村省一郎

12-11-2010

インデックスへ戻る