ドイツ化学史の旅パート3  計画に関する連絡の掲示

(新しい記事をトップに付け加え、時間的には下から上へ積み上げる方式です。

 収録に手落ちがありましたらご連絡ください。 編集者)

 

*********************************************************************

Sun, Jan 24, 2010

 

このメールは西村の1/19の送信メールに対する返信です。

その送信メールと並べて掲載すれば第3者に分かり易いし、

「化学史の旅・パート3」のPRにもなる・・・と思いますが。

また、同じ趣旨から、伊藤一男さんが「旅・パート3」を概説された

1/13のメールも掲載していただいたらどうでしょうか?

1/19のメールは中村さんにもCCでお届けしていますが、

お手許に残っていなければ、

このメールに添付したコピーをお使い下さい。

=================================
西村三千男

 

*********************************************************************

毎度のことですが、彼のメールは直接転送出来ないので 
コピーを添付します。 
6月の旅行に、ケルン~ボンだけでも参加を期待しましたが 
無理なようです。 
================================= 
西村三千男 
145-0066 東京都大田区 
        南雪谷2-2-4-304 
TEL/FAX (03)3728-2823 
---------------------------------- 

Attached Message

From:

Noboru Moriyama <n.moriyama@t-online.de>

To:

pxp04317@nifty.ne.jp

Subject:

Your trip to Germany in June

Date:

24 Jan 2010 10:24 GMT

                                      Düsseldorf, 24.1.2010

 

Nishimura-san,

 

Thank you for your mail of Jan 19th.

I have really no luck with the schedule, this is the second time

that you come to Germany during my absence.

I arranged already my trip to Japan(and probably to Taiwan)

leaving Düsseldorf on June 4th and coming back on June 20th.

 

I shall phone you during my next stay in Japan(Feb 20th - Mar 7th)

 

                                 Thank you and best Regards

 

                                 Noboru MORIYAMA

*********************************************************************

Jan 24, 2010 5:48 pm

中村さん

 

いつもお世話様です。

昨日転送しました森山さんからのメールをアイソマーズ通信に

掲載していただきました。

このメールは西村の1/19の送信メールに対する返信です。

その送信メールと並べて掲載すれば第3者に分かり易いし、

「化学史の旅・パート3」のPRにもなる・・・と思いますが。

また、同じ趣旨から、伊藤一男さんが「旅・パート3」を概説された

1/13のメールも掲載していただいたらどうでしょうか?

1/19のメールは中村さんにもCCでお届けしていますが、

お手許に残っていなければ、

このメールに添付したコピーをお使い下さい。

=================================
西村三千男

----------------------------------

Attached Message

From:

Michio Nishimura

To:

Noboru Moriyama

 

 

Subject:

Our trip to Germany in June

Date:

Tue, 19 Jan 2010 13:10:18 +0900

Dear Mr. Moriyama 
 
Some of Isomers Members are talking about 
the 3rd part of our trip (to look into the History of German Chemistry 
during 19th Century) in the 1st half of coming June this year. 
Details of the trip are not fixed yet, but the frame of trip itinerary 
is almost fixed as below. 
Group trip will be rather short, this time.(4 overnights only) 
If you have time and intention to join us partly, we all welcome you. 
 
Itinerary: 
June 7(Mon) In the aftenoon
  All members will arrive Cologne hotel from various city
  Sight-seeing Dome//stay Cologne. 
  8(Tue) Visit Bon University 
  Move to Munich (suface
  8
` 10(Thur) Stay Munich 
  (Liebig's monuments, Museum, Concert and Sight-seeing) 
  11(Fri) Break up the group and 
  all members will continue their own trip separately.
@
 
At this moment, we expect 11 participants 
(Mr.&Mrs. Ito Erste, Mr. & Mrs. Kinoshita, Mr. & Mrs.Takeyama
Mr. & Mrs. Nakamura, Mr. Fujimaki and Mr. & Mrs Nishimura) 
 
If you expect any probability to join us, we will send you more details, 
and keep you informed of the proceeding from now on. 
 
Best Regards 
 
PS. 
Separately from the above-mentioned group trip, 
my wife and I will stay several days in Duesseldorf 
(prior to the group trip) 
to visit old German friends in Duesseldorf and Ratingen. 
Itinerary of this part is open now. 
-------------------------------- 
Nishimura Michio 

 

 

**********************************************************************

Tue, Jan 19, 2010

皆さん

水上音楽会。なにやら、面白そうですね。

出来たら、いいですね。

 

==========

  武山高之

 

*******************************************************************

Jan 19, 2010 10:35 am

蛇足になりますが、この音楽界は、豪華食事つきです。ましな食事ならすぐに

7~80ユーロとられることを考えると、全部で130ユーロというのは

それほど悪くありません。天気が悪ければどうなるのか気になりますが、

主催者のほうでもその対策はよく考えているとしましょう。中村

Jan 19, 2010 10:21 am

数分前、何も書かないで間違い発信してしまいました。

 

水上音楽界はかなり高いですが、それでもホテル代一泊分くらい、

行ってもよいと思います。高い予約あるいは券を買っていけなくなったら

という心配には、旅行保険でそれをカバーする方法があります。

歌劇カルメンは、音楽が好きではないので興味ありません。

そういうわけで、私は「行く」と勘定してください。

中村

 

*******************************************************************

Tue, Jan 19, 2010

ミュンヘンの友人に問い合わせたところ、次の通りです。

 

610日の演奏会はミュンヘンの南西25キロのStarnberger湖上です。

出演はミュンヘンフィル及びミュンヘン在住のソリスト及びgoldnagl

アンサンブルにて、大変有名で、今月中にも切符の手配をした方が

良いと私の友人は言っていますが、どうしますか。

 

尚、私の先のメールの“カルメン”は610日でなく、9日です。

従って両方参加することは時間的には可能です。

 

Starnberger湖はルードビッヒ二世が水死したことで

知られている湖です。

 

藤牧

 

 

**********************************************************************

January 17, 2010 1:45 AM

Subject: RE:
ドイツ化学史の旅/ ミュンヘン音楽会

 

藤牧さん

 

Munichの音楽会の情報は

http://eventful.com/munich/events/knigliche-wassermusik-/E0-001-026409184-9

です。

 

切符発売の情報がみつかりました。

http://www.classictic.com/en/Koenigliche-Wassermusik/14263/87173

かなり高いです。6・10・2010・一人130ユーロ。でもよさそうです。

 

中村

 

***********************************************************

Jan 16, 2010

水上音楽会の御案内ありがとうございました。

この情報源を教えて頂けませんか。

 

ミュンヘンには大きな河川はなく、又近くに湖が色々あり

観光船がありますが、ミュンヘンフィルが演奏出来るような大型船が

運航されるようになったのでしょうか。

 

外洋(ヨーロッパ沿岸)にはクルーザーが運航され、ミュンヘンフィルの

カルテットの演奏などは行われています。

 

ミュンヘンで有名なバイエルン国立歌劇場の6月10日の予定は

「カルメン」です。切符の申込は3月に入ってからになるようですが

なかなか入手が困難のようです。

皆さんのお考えを知らせて下さい。

藤牧

 

*********************************************************************

 

Jan 14, 2010

早いテンポで検討が進んでいるようで驚きました。 
小生17日から台湾旅行に行きます。帰国したら、小生の意見 
要望をお知らせするする予定です。学会発表は異議ありません。 
宜しくお願いします。 
木下 嘉清 

 

 

*********************************************************************

 

Jan 14, 2010 7:57 am

中村さん 
 
早速ご意見やミュンヘンでの音楽会の情報などをお寄せくださりありがとうございます。 
 
水上音楽会とはまた優雅ですねー。 
 
選択肢の一つだと思いますので、更なる情報を調べていただければ幸甚です。 
 
藤牧さんもいろいろ調べておられるようですが。 
 
********************************** 
 
伊藤 一男 

 

*********************************************************************

 

6月9~11日ミュンヘンでの唯一の音楽会

 

 

ミュンヘン水上音楽会、6月10日    6:30PM (木曜日)

 

遊覧船で、ミュンヘンシンフォニー楽団の演奏によるバッハ、テレマン、モーツアルト作曲の音楽をききながら、高級料理の食事をする。

 

切符購買に関する情報は、インターネットでは不明。電話の必要があるみたい。興味があればさらに調べます。  中村

 

 

*********************************************************************

 

Jan 12, 2010

伊藤さん
纏めご苦労さまでした。
科学史の旅の予告をホームページに出していただき、参加者が増えることを希望しま
す。
何時ごろまでに、詳細を詰めればいいのですか。
 
==========
  武山高之

 

*********************************************************************

Jan 12, 2010

昨日、在京組(武山さん、西村さん、藤牧さん、小生)が集まり、標記の件につき話し合いしました。 
内要は下記の通りです。 
ご質問・ご意見等がございましたら、遠慮なくお寄せください。 
     記 
1)化学史学会での講演発表についての計画案 
今年度は、「ドイツ化学史の旅」パート1および2をまとめて、伊藤が代表で総括的発表を行う。 
反響を見て、来年は数個の個別テーマを発表する。 
今年度の発表内容としては; 
 動機(クラス会の名称、アイソマーズ、リービッヒ/ヴェーラー) 
 目的(山岡望先生の足跡をたどり、19世紀のドイツが短期間で化学先進国になり得た理由を学ぶ) 
 内容(教育改革、人材育成、人脈形成、研究成果、ノーベル賞など) 
 
なお、化学史学会の開催と講演発表のスケジュールは; 
 講演申し込み  :2月20 
 講演要旨締め切り:3月20 
 講 演 発 表 :7月3日(土)、4日(日) 
 会   場   :明治大学 駿河台校舎 
  
2)ドイツ化学史の旅パート3についての計画案 
コア部分としては; 
 6月7日(月)ケルン大聖堂近くのホテル(別途手配の予定)に集合する。見学場所はボン大学のケクレ記念像など。ケルン泊。 
 6月8日(火)ケルン観光の後ミュンヘンへ移動。ミュンヘン泊。 
 6月9日(水)ミュンヘン。ドイツ博物館、リービッヒ記念像、リービッヒの墓、オペラまたは音楽会。 
 6月10日(木)ミュンヘン。観光。 
 6月11日(金)解散 
 
********************************** 
 
伊藤 一男