カメラでビデオを作るときの二三の注意

 

(1)           絵のサイズ(ピクセル数)を最小の640x480にあわせてください。この数字が大きいと、カメラのメモリーを食い、後での操作にも時間がかかります。またアップロードも困難になります。どんなに細かいビデオをとっても、Ytubeでは320x240に圧縮してしまうと思います。

(2)           カメラの中の古い写真などは、ビデオを撮る前にコンピューターに移し、なるべくメモリーをたくさんビデオのためにとっておくこと。

(3)           カメラのメモリーを出来る限り大きくしておく。

(4)           まえもって何回かビデオ撮影の練習をしておき、本番までにはよく慣れておくこと。

(5)           これは素人向きの仕事ではなくなりますが、長いビデオを作るときは、自分で320x240のサイズに変換してからアップロードするか、ビデオコーダーでこのサイズに調整してから撮影することが望まれます。640x480と320x240ではファイルの大きさが4対1と違い、320x240なら同じファイルの大きさに4倍の長さのビデオが収まることになります。Ytubeでは長いファイルを嫌います。