戻る

 

 

アクアポニックス-4

メビオール:ハイドロゲル農業技術

 

Mebiol社に関するウェブサイトはすぐに見つかった。この会社の技術は水分と肥料を透過する樹脂幕の上に植物を育てることである。1995年に早稲田大学のモリユウイチ教授が始めた技術である。

 

 

上の写真が示すように浅いコンテイナーにハイドロメンブラン(樹脂幕)を敷きその上で植物を育てる。この方法で水と植物を分離している。この方法だと根が空気と触れるので根の呼吸が土の中と同様に出来、従来の根を直接水につける方法に比べて利点が多い。

 

ハイドロメンブラン利用の原理

 

 

さらに大きな利点は植物をバクテリアから完全に分離できることである。

 

 

上の写真は場所に関する詳細が分らないが、ハイドロゲルを用いた水栽培の例として示されている。