武山さん、中村さん
 
1.水耕栽培と魚の養殖の組み合わせのシステムを開発したのは
オーストラリアのUES Cooperationです。
パイロットより、フィールドテストに入っています。
今迄のところこのシステムに関心を示す日本のパートナーが
見つかっていません。
 
2.アクアポニックス関連では、日本のMebiol社が開発した
IHEC方式は注目すべき技術です。
Mebiol社を私に紹介していただいたのは、西村さんです。
PorousHydromembraneを使って、水の無駄を最大限節約することが出来、
宇宙ステーションでテストが行われました。
(向井さん、若田さん、野口さんが協力)
 
私はこのIMECを世界有数のイスラエル農業コンサルティング会社
ARAZIMに紹介し、F/Sを依頼しましたが、
残念ながらポジティブではありませんでした。
 
3.2.のパイプを利用して、オーストラリアのUESをイスラエルの
ARAZIMに紹介し、両社間にてstudy中です。
この結果、魚の養殖については、ARAZIMがサポートした
アメリカのGrow Fish Anywhere(GFA)社に逆にUESが関心を示し、
UESシステムにGFA方式を組み入れることを検討しています。
GFAの設備はNew York郊外です。
 
以上、ご参考迄。
 
                       藤牧

 

 

11-24-2011