中村省一郎 様

 

ジバーレリック酸の見出しで??と思って読み始めて、これは日本語ではジベレリン酸、あるいはジベレリンのことだと納得しました。( stearic acid ステアリン酸 のように)

 

高名な藪田 貞治郎先生(1888 - 1977)が、(我々が生を享けた)1935年に発見された強力な植物ホルモンの一種です。

 

ジベレリンはまた、種なしブドウの産出にも使われたものと記憶しています。

 

俄然興味が湧いてきて、植物観察記の第1項目のトウガラシから再度読み始めました。これが投稿された日付がなんと 3-11-2011 なので、二度びっくりしました。

 

益々、好調にお続け下さい。

 

福島第二原発事故について、あれほど熱心に書いて下さって、我々に益するところが大変大きかったと思っています。しかし、その後の事故対策の展開は、全く眼を覆わせるほど拙劣なもので、その完全収束までに数十年掛かるであろうと言うのも尤もだと思われます。 嗚呼

                                    

山本經二