原発事故: 藤牧―中村 交信 (時間的には下から上へ)

 

3・26・011

 

藤牧様

 

ご意見とご努力有難うございます。朝日新聞には載らないと判断しました。

投稿先の情報をいただいて助かります。原稿を書き換えて投稿を試みます。

原子力をなくする方向に行くことは賛成ですが、今あるものを即刻停止することは

日本の産業を全部止めることにもなり無理でしょう。

 

私の言いたいことは、このような事故のあることも考えて準備があれば、事故処理に

比べるればごくわずかな費用で十分防げたということです。また、緊急の発電装置が

こわれたことで、事故の規模を何十倍にもおおきくしましたが、その可能性は

津波と同時にわかっっていたはずで、その日の内にたとえばどこの電気会社でも

もっている10MWくらいのタービン発電機(軽い)を原発に運ぶことは

可能だったとおもいます。

 

このことを電気会社が理解しないなら、今度のような、あるいはもっとおおきな

惨事がまた起こるでしょう。原子力はアメリカでも危険ですが、その危険に

対処できないような日本ではより遥かに危険です。

 

こういうことは日本の中の大学の先生たちは言いたくてもいえないのではないでしょうか。

だから、外部にいるのもが歯に衣を着せないで言っておく必要があると思っています。

 

貴コメントに再度ながら感謝します。

 

中村

 

 

 

 

3・26・011

 

中村さん

 

中村さんのメールへの対応が遅れました。

私は朝日を購読していないので、本日近くの朝日取次店より320日~26日間の

朝夕刊を入手してチェック致しました。

「声(VOICE)」、及び、「生活」の欄と地震後に特設されたものと思われる

3.11」オピニオン特別ページを主体に目を通しましたが、中村さんの投稿は未だありません。

これから掲載される可能性もありますが、中村さんのメッセージを伝えるためには

(すでに考えておられることと思いますが)

体制側を主対象とする場合には「Foreign Affairs」にチャレンジされてはどうでしょう。

同誌に掲載されれば、日本語訳が日本の一流誌に発表されるでしょう。

また体制側でなく、「草の根」グループを対象とされる場合には、

enviro-news@green.email.ne.jpに投稿されるされることをお勧めします。

これは20022月に枝廣淳子他が立ち上げたJFSJapan for Sustainability)のnet

今や少しはこの世を動かす力を持ちつつあります。

 

それにしても311日からの2週間、日本国としての制度疲労を改めて痛感させられる毎日です。

M9のエネルギー、10余米の津波は想定をはるかにはるかに上回るものであったものとは

思いますが、海外各国の友人からも日本のresponsible personのリーダーとしての資格、

力、知識が問われています。

 

私自身は原発の安全性には不安を感じながらも、一旦事ある時には最低の安全性は

担保されているものと思っていましたが、本当に結局はどうなるのか

正直言って不安です。私の孫は5人ですが、youngest3か月です。

首相、官房長官の心もとない発言は別にして、原発の権威と称される先生方のコメントも

中村さんが原稿の中で述べておられる「事故の報告は政府の高官が出てきて話すのではなく、

事故担当の技術者にやってもらいたい」のご期待に応じられるものではありません。

地震後Day1のコメントは、原子力発電の仕組みの説明も必要かと思いますが、

Day14になっても「権威者」の説明は「普通の人」の不安に対応するものではありません。

日本のみならず、世界的に原発の安全性の議論が改めて始まるでしょう。

 

私は今これからチャレンジすることは原発の安全性の議論でなく

原発なくしていかにエネルギーを賄うかを考えるときだと思います。

「電力30%カット」で世の中はどうなるか、このなかで生きるのびるためには

何ができるのか、するべきなのか、を考えるべきではないでしょうか。

 

再投資のためには余剰利益が、このためには経済は成長するべきだと

信念のもとに生きてきましたが、地球は有限であることを知りました。

ティッピング・ポイントを越える迄に未だ時間が残されています。

今回の災害から我々が学ぶことは、自然の力(自然価値論)です。

 

ここでリービッヒ先生が登場するのですが、

今日迄私の耳に入るリービッヒ先生の声は限られています。

ゆっくりリービッヒ先生は自然価値について

何を考えていたのかを探す楽しみを続けます。

 

                           藤牧

 

 

 

 

3・22・011

 

アイソマーズの皆様

福島原発事故に関する意見を朝日新聞に投稿しました。

掲載になるかどうか分かりませんが、もし見かけたら

知らせてください。原稿を添付しておきます。この原稿は

朝日新聞の方で採用かどうかが決まるまでインターネット

には出せません。

よろしく。

中村