Back

アレルギーへの効果

体の免疫機構とアレルギーは表裏の関係にあるともいわれている。つまり、体の免疫とは、体に異質のものが入ってきたときに抗体やリンパ球がそれを撃退し除去することをいうが、抗体やリンパ球の反応が過激すぎると体にかえって体に害をおよぼす。これがアレルギーである。

 

花粉症が代表としてよく知られているが、その他さまざまなアレルギーがある。

花粉症の場合、カテプシンBという酵素で生成される免疫グロブリンが原因である。したがってカテプシンBを阻止できれば花粉症が解決する。このような、カテプシンBを阻止する酵素ペプチットが酒粕に入っている。この酵素ペプチットは花粉症以外のアレルギーにも効くことが分っている。

 

実際に民間療法として、花粉症に苦しむ人が、酒粕を毎日味噌汁に入れて呑み、花粉症から開放された報告がある。