高強度の材料に関するTV番組

 

昨日PBSのNOVA番組を見ていたら、高強度の材料に関する驚くべき内容であったので紹介したい。

 

この番組では、金属特に炭素鋼が高強度の材料として歴史的に大きな役割を果たしたことから話がはじまるが、防弾着には金属よりも合成繊維(kelvar)が優れていることを指摘し、実験の結果を示した。最新の材料は炭素ナノチューブをより合わせて作った繊維であり、その製法を紹介している。もう一つの優れている材料は蜘蛛の糸から作った繊維である。蜘蛛の糸を集めて織った大きな作品がワシントンDCのスミソニアン博物館にあるそうだが、生きた蜘蛛に糸を作らせることは容易でない。

 

これを解決したのは遺伝子組み換えをしたヤギである。ヤギの遺伝子に蜘蛛のを組み込むと、そのヤギのミルクのたんぱく質が蜘蛛が糸を作るときに体からだす粘液と同じ化学的性質を持つようになる。そこでミルクから脂肪と水分を取り去り、残りのたんぱく質から糸を作ると、蜘蛛の糸と同じ化学構造のものが出来る。これで蜘蛛の糸の大量生産が可能となる見込みというのが結論である。

 

自然界の材料、鳥のくちばしやあわびのからの強度がなぜ高いかなどの説明や、また蜘蛛の糸の分子構造などのかなり詳しい説明があって興味深い。

 

この番組(50分)はDVD録画がしてあるので、希望者にはコピーを送ります。ご一報ください。

 

中村省一郎

1-19-2011