福島原発は予断を許さない

 

最新の報道によれば、福島原発の蒸気漏れによる放射能レベルは低下しつつあるという楽観した見方が強い。

 

しかし、すでに書いたように、もし緊急冷却水の補給がすぐに出来なければ、圧力容器に残っているだけの水ではやがては蒸発のよりなくなってしまう。だから、破損の詳しい情報なしに、外部の放射能レベルが低くなっただけでは何の安心もできない。原子炉の事故は他の機械ではありえないほど奥が深い。今から最悪の事態が起こりうることを絶対に忘れてはならない。

 

JOCの場合もそうであったが、専門家でないものが誤った判断をすると、取り返しのつかないおおきな間違いを起こす可能性がある。

 

JOCの場合、最初の報道の時から臨界事故であることは筆者の知識から明らかであった。それができたのは、原子炉の異常状態の文献やフィルムを多数見た経験があったからである。また燃料工場でおこる臨海事故の可能性は、原子燃料に関する非常に基本的な教科書にもかいてあった(ただし英語)。JOCの事故が起こった時、関係者でそのような知識を持った人はだれもいなっかた。日本原子力委員会でも臨界事故の知識のある委員は住田氏一人で、臨界事故を示唆した彼の意見はまったく無視し、作業員をプラントに送りこんだのであった。

 

我々に出来ることは福島原発に関する今後の報道を注意して見守ることである。