タニウツギ

 

スイカズラ科の落葉樹で谷空木(タニウツギ)属の低木、と言うともっともらしく聞こえるが、それでいてすぐに何のことか分かる人は、おそらく庭木の玄人だろう。辞書で調べると、ピンクまたは赤色の目的に、広く栽培される落葉性の低木と書いてある。日本語は実に難しい。英語で言えば非常に簡単でweigela(ワイジェラ)という。

 

そのなかにも何種類かあり、我が家にはVariegata, Java Red, Red Princeの名がついている3種類がある。どれも木の大きさ、花の付き方、その他の植物的な性質は非常に似ていて、花が5月末から6月にかけて咲くが、葉の色と模様が非常にことなる。挿し木でよく根がつき、一年もすると10cmにもならない木に10個くらいの花が咲くので、世話の苦労が少ない。

 

Weigela Variegata

 

Weigela Java Red (Spilled Wine という商品名も使われている)

 

Weigela Red Prince (写真はインターネットから借用)

 

中村省一郎  (7-4-2011)