Jardins de Martels (D4AM)

 

 

ここも私立の植物園であるが、入場料を払って中へ入ったら、非常に狭軌の鉄道の線が入っており、その駅のホームになっていた。また入場料の縦看板があり今払ったのよりいくらか安い。変だとおもって立ちすくんでいると、同行者の一人ですでにパンフレットを読んでいた人が説明してくれた。この駅は蒸気機関車が客車3両ほどに客をのせて近くの町から客を運んでくる、その客には入場の割引があるという。レールは工事用トロッコのレールよりははるかに太くしっかりしていた。短距離とはいえ、隣の町から来るには踏切や信号なども本格的なものが使ってなければならないだろう。

 

植物園の多くは、珍しい植物を集め、標本を植物研究者に提供する役割を果たしているが、ここは植物の名前のラベルもなく、動物も放し飼いにしてある自然公園といった感じのところであった。

 

 

Decauville, 020 T de 1947, N 1132, N3 du CFTT  インターネットでここへやってくる列車の写真がみつかった。