コルシアナ庭園

 

第一日目の午前中はLes Jardins de Coursiana(写真1)であった。トウルーズ市の中心から高速道路も含めて1時間半くらい北西に走ったところにあった。途中山らしいものは何も見当たらなく、ただただ広い穀物農場が広がっていた。高速道路を出てから半時間は走ったと思うが、途中出会った車が一台もなかったのにも驚かされた。この地域一帯が実に静かなのである。

写真1

 

 

入口の標識にはLes Jardins de Coursiana の下に、フランス語がよくわからないので自信がないのだが、イギリス式の庭園、樹木園、薬用と香料植物園、および菜園と書いてあるのではないかと思う。敷地は6ヘクタール(15エーカー)。約20年前に農地を買い、夫婦で植物園を始めたという。夫が亡くなった後も、女手で続けているという猛烈なおばさん(写真2の中心)が園主である。入場料は1人7ユーロ、政府からの補助金で賄っているそうだ。英語をぜんぜん話さないので、同行のフランス人が英訳してくれる。

写真2

 

写真3

 

写真4

 

写真5

 

写真6

 

写真7

 

写真8

 

 

写真9

 

写真10

 

(続く)