平成25619

西 村 三千男

私の心臓手術(その4:コネ紹介とVIP待遇)

 

場所は国立新美術館1Fカフェテリア、時は2013.2.10の昼下がり、伊藤エルステさんご夫妻、武山さんご夫妻、と西村夫妻の6人が等迦会展で武山文子さんの油絵作品を鑑賞した後のランチ。レストランが何処も満席のため軽食で我慢していた。

その時西村は会話に身が入らず、やや上の空状態。この日は始めから、病気治療の情報に詳しい伊藤エルステさん、武山さんご夫妻から種々教わる心積もりであった。E病院・G医師からの紹介状を名門のN病院・心臓血管外科へ提出し、診察と予備検査の途上にあったから、これから始まる本格治療への不安で頭が一杯であった。

大阪の古い知人Tさんから「川崎の病院にいる飛びっきりの名医を紹介しよう」と親身な提案を受けていることを皆さんにご披露した。

西村:コネ紹介って効き目あるのかな?

伊藤エルステ:あるとも。有力なコネ紹介は受けた医師へのプレッシャーとなる。

ひいては患者への配慮につながる。

西村:そうなの?  あ、そうか。  そう・・なんだ。

と・・・納得して、Tさんご紹介の名医の件を反芻しながら帰宅した。

 

それからも大阪のTさんからは親身なメールアドバイスが続いた。ご自身も複数の持病をお持ちで、病気治療や医学の知識も並大抵ではない。遂に、グズグズしている西村の頭越しに、川崎に昨年新設したS病院の心臓血管外科・U先生の初診 (2013.2.22)のアポイントを取り付けて下さった。しかもU先生の外来診察日である火曜、木曜を外して、金曜日に特別に西村一人の診察をセット。TさんとU先生は格別に強いコネで結ばれていると想像される。

初診に訪れたS病院では破格の厚遇(VIP待遇)を受けた。総合受付でE病院・G医師からの紹介状を提示して名乗ると、いきなり応接室に通されそこで初診手続きを済ませた。先ず血液検査、心電図、心臓エコーなどの検査を受け、それらのデータが揃うと(採血した血液の分析に約90分かかるが)待ち時間なくU先生の診察となった。診察の後はU先生自ら院内ツアーを案内して下さった。結果的に、この日は10:0016:00の間、U先生を独占したことになる。

                            (つづく)