平成261110

西 村 三千男

連載「余談・ドイツ化学史の旅・パート4

17回 auf Wiedersehen(さようなら) tschüss (さよなら)

 

ドイツ語で ”auf Wiedersehen” tschüss (チュース)” も「さようなら」。前者はフォーマルで丁寧な表現、後者はややカジュアルな表現であるが、フォーマルな場面でも使われている。

 

これが、最近 ”auf Wiedersehen” が使われることが少なくなり、日常はtschüssばかり使われている・・・と言うのだ。そんなことは、数年に一度ドイツを訪れる「旅人」の小生には判らない。「旅人」の目に映る場面を寸描してみよう。

場面その1:飛行機が着陸して、スチュワーデス(CA)が乗客とお別れする挨拶のアナウンス、

・・・danke shön und auf Wiedersehen”で締めくくられる。この場合”auf Wiedersehen” ”auf”もきちんと発音される。

場面その2:お店で買い物客が支払いを済ませて立ち去るとき、

お店のクラークもお客も”auf Wiedersehen” と挨拶をかわす。この場合は ”auf”が弱く発音され

て殆ど聞こえない。

場面その3TVドイツ語講座の中で取材レポーターのTV視聴者への挨拶、

   連続レポートでは各回の終わりをtschüssで締めくくる。最終回だけは”auf Wiedersehen”と改まる。auf Wiedersehen und tschüssと重複しても構わないらしい。

場面その4電話では、”auf Wiederhören

場面その5:西村の場合。

   49年前に初めてドイツ入国した時から、”auf Wiedersehen” をとても美しい言葉だと感じ入った。それ以来、いつでも”auf Wiedersehen”だけを使う。auf Wiedersehen” は日常の親しい人間関係ではあまり使わないとも聞くが、ただの一度もtschüssを使ったことはない.

                                     (つづく)