伊藤一男さん化学史学会で発表

武山高之(20167.26記)

 

201679日〜10日に三重大学で開催された「2016年度化学史研究発表会(年会)で伊藤一男さんが、

「ドイツ化学史の旅(7)−リービッヒ学派と英国」

と題して発表されました。

昨年6月の英国の旅をもとに話されました。

「ドイツ化学史の旅」の発表は伊藤(一)、武山、西村交代で担当していますが、今年で7回目になりました。高齢にもめげず頑張っています。

今年のアイソマーズからの参加は、伊藤さんのほかに、西村ご夫妻、武山夫妻でした。

エクスカーションは「三菱化学四日市事業場」と「四日市公害と環境未来館」の見学でした。

 

写真2