伊藤壽子さんが亡くなられました

武山高之(201781日記)

 

報告が遅くなりましたが、64日に伊藤一男さんから奥さまの伊藤壽子さんが長い闘病生活の末、亡くなられたとの連絡がありました。すでに四十九日の法要も終わられた頃です。告別式などはお身内でなされたそうです。

 

改めて、アイソマーズの皆様にご報告をするとともに、思い出を書き、ご冥福を祈ります。

壽子さんは「アイソマーズ総会」や「関東のアイソマーズの集い」にはいつもご夫妻で参加され、アイソマーズ一同とは親しくお付き合いさせて頂きました。

また、5回の「化学史の旅」には、ご主人とともに全て参加されました。一昨年(2015年)6月には、英国ロンドン・グラスゴー・エディンバラの旅に参加されました。このときは、少し体力を落とされていましたが、ご主人と同行の女性たちに支えられ旅を楽しんでおられました。

帰国後、次第に体調を崩され、入院が長引き、ご主人の献身的な介護が続きました。夫婦愛のお手本のようなご主人でした。

しかし残念ながら、この英国の旅が最後になりました。ここに旅の写真などを掲載します。在りし日を偲んで下さい。

 

写真1.ハイデルベルグ城内にて(2005年)

 真ん中でにこやかに

 

 

写真2.プレッセ城にて(2007年)

 壽子さんの右はティーツ先生の奥さま

 

 

写真3.ドレスデン、オペラハウス前(2007年)

チャイナドレスが素敵です

 

 

写真4.ライプチヒ、バッハ像前(2014年)

 西村成子さんと

 

 

写真5.グラスゴーのホテルにて(2015年)

英国シニア女性グループと、

壽子さん両脇の二人を支えにして、にこやかに

 

 

写真6.上野韻松亭にて(2013年)

西村さんのお悔やみ状をご覧ください。

9月には、偲ぶ会を韻松亭で持つ予定です。