日本で自費出版を扱ってくれる出版社 (ペーパーバックの場合)

 

アメリカで出版販売をする場合は、すべて無料でできます。しかしアメリカ以外の国に送ってくれません。自分でそれを買うためには、知人に頼んでアメリカ内の住所に発送してもらえるような方法を考えなければなりません。その場合の印刷費用は2~4ドルくらいで、冊数には関係なく、1冊でもやってくれます。

 

日本の大手の出版社でも自費出版は扱ってくれますが、たいていは法外な著者からの前払いを要求してきます。 一方日本でも低価格で自費出版をしてくれる会社が増え、次の5つの出版社が見つかりました。費用や、出版の条件は会社によって異なりますが、一例として、100冊を印刷する場合一冊250円くらいが最低価格です。これなら、100冊で2万5千円で、大手の出版社からの自費出版に比べるとべらぼうなちがいです。本の販売はアマゾンと契約すれば簡単です。

 

 

1. 本の出版はお任せください - 書店・ネット販売対応

充実した販売企画/全国の書店・紀伊國屋・ジュンク堂などに本が並びます  www.tokyotosho.co.jp/信頼と実績/親切丁寧な対応

 

 

 

2. 出版をお考えの方へ

格安・高品質、流通も可能なお手軽出版 初めてでも安心!まずは自動見積りから。 www.otegarushuppan.com/

 

  

 

3. 商業出版100%保証します

1800冊以上を出版、業界1位の実績 出版プロデュースの天才工場 www.tensaikojo.com/

  

 

4.自作小説や本を無料で出版しよう - 出版費用0円キャンペーン実施中

131日までに応募された中から1作品を無料で出版します/文芸社創立20周年記念  20th.bungeisha.co.jp/

  

5. 驚き価格/低コストの書籍印刷 - 衝撃の1252円から

自費出版・冊子印刷を低価格で作成 初めての方でも親身にご対応いたします!  www.net-seihon.co.jp/書籍印刷/ニシダ印刷製本

 

 

自費出版の場合、コストを最低にするためには、原稿をすぐに印刷できる形に用意しなければなりません。どんな形式が使えるかは印刷会社によってもことなりますが、基本的には表紙と中身を分けて用意し、中身は一個のMSWordにまとめることです。

 

この場合、MSWordの原稿が非常に長くなる場合(150頁以上か写真が多い場合)PCがしっかりしていないとPCが不安定になることがあります。

 

 

ページの大きさは、原稿を書き始めるまえに、印刷会社の規定に従ってきめます。表紙の原稿はMSWordを用いて用意してもよいが、裏表と背表紙のデザインをしなければならないので、グラッフィックソフトをつかう必要があるでしょうが困難な仕事ではありません。

 

中身の原稿は印刷会社によってはPDFに変換して提出することが必要なこともありますが、まずはMSWordで仕上げてしまうことが先決です。PDF変換はソフトを用いて機械的に行うことができます。