アイソマーズ編集部からの年末ご挨拶 (12-5-02)

 

皆様のご賛同を得て発足しましたこのHPも新年とともに一年を迎えることになります。このページを眺めてみますと、発足時には想像出来なかったような様々な記事や作品で埋めていただきました。やりがいがあったと満足しています。このページは第一巻として終了し、新春には新しい第二巻のページを開き、発展させて行きたいと考えています。もちろん、第一巻はいつでも開けられるようにしておきます。

 

第二巻を開くにあたりましては、アイソマーの全員から一言ずつでけっこうですから、なにか投稿していただきたけますようお願いいたします。これまで一番短かった投稿は藤牧さんの「ついたよ」の一語だけのメールでしたが、藤牧さんの声が聞こえるようで、愛嬌のあるこのメールのことが忘れられません。

 

また原稿だけでなく、写真も送ってください。英語には One picture is worth thousand words. という諺があり、百聞は一見にしかず、という日本の諺と重複してはいますが、写真の場合は前者のほうが当てはまりましょう。写真だけで、言葉なしのお便りでもよいのです。電子写真でなくても、通常の写真を郵送いただけましたら、スキヤンはこちらでできます。写真をより開きやすく見やすくする努力をするつもりです。

 

第一巻に多数の作品を投稿してくださった西村、武山夫妻、川崎、伊藤一男各氏(順不同)に拍手を贈るとともに、次巻にもますます筆を活躍させてくださるようお願いいたします。また森川、大沢、伊藤英二、さらにここに名前を書かなかった方々からも、お便り、支援の言葉、情報などをいただき, お礼申しあげます。森川さん全快の知らせは、HPにとりまして嬉しい朗報でした。

 

アイソマーズHPの記事を読んでいますと、アイソマーズというだけあって共通点も多いのですが、それでいて、それぞれが独立した空間のなかの、独自な考え、出来事、発展などが織り込まれていて、長い絵巻物をみているような気持ちにもなります。

 

HPを編集していく上で不手際なこともかなりあり、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。これからも起こることは間違いありませんので、気が付かれましたらいつでもお知らせください。

 

この冬は日本でも寒いそうですが、こちらの寒さもひどく、12月になる前からすでに零下10度くらいの日が多く、震え上がっています。慌しく、残り少ない本年ですが、どうか楽しく健康に過ごされ、幸多い新年をお迎えください。

 

中村