中村さん
 
先ほどのメール有難うございます。
お忙しいのに何時もHPのお世話有難うございます。
少しだけ気になっていることをお伝えします。
 
文字化け対策でOSをXPにバージョンアップ
されたことと関係しているかどうか判りませんが、
その頃からメールをHPに掲載して頂く分の字面が
少し不揃いになります。
 
具体的には中村さんの「中国の思い出」に対する
武山さんの「感想」、伊藤さんの「感想」及び西村の
「ロシア旅行報告を読んで」の3編だけですが
漢字とひらがなの大きさが不揃いで(ひらがなが小さい)
全般にあまりキレイでないのです。
その前の武山さんの「いいな、いいな」や添付原稿を
掲載されたのは全く正常です。
 
私のPC環境だけかも知れませんが。
そちらでは如何ですか?
 
以上
西村三千男
=================================================
 
 
西村さん
> こちらの計算機が急速に変化するので、問題の山積
> です。字体の不ぞろいに関しましては、HPのはじめの
> ところにフォントに関するお願いを書きましたので、
> その返答をいただけましたら助かります。連絡しながら
> いろいろやって見るより仕方がないようです。お願いします。
中村
=================================================
 
中村さん
お忙しいのにHPのお世話有難うございます。
HPに掲載された「フォント」の文例のうち
先の私のメールで指摘した不揃いは「G」と「H」に相当します。
私の使用しているOSはWindouws ME と MS Office XP です。
 
日本の気候が急に秋冷と呼ぶにふさわしくなってきました。
西村は10/1~16ヨーロッパに旅行しますのでその間
メール交信もお休み致します。
以上
西村三千男
==================================================

 

西村さん
ヨーロッパに発たれるまえにいただいたメールが別の建物の計算機に
はいってしまい、迂闊にもそれをわすれて、西村さんからの報告が
ないと思い込み催促のメールをだしてしまいました。お詫びします。
 
それというのも、何台もの計算機のOSの入れ替えをやりましたので、
一時メールがどこの計算機に行くかがはっきり定義されてなく、あるメール
はこちらで読み、たのメールはあちらでといった具合で混乱しました。
 
不揃いに関する情報は非常に役にたちました。川崎さんからの
報告もあわせると、次のような結論がでます。Simsun-font
は12号(字の大きさ)以外は読む人の計算機のOSによって
不揃いになったりならなかったりするのです。つまり、読むほうの
計算機に12号以外のfontがはいっていればよいが、ないときは
かなは指定されたじの大きさに調整されるけれども、漢字は存在する
大きさのfont、つまり12号(もっとも標準の大きさ)になってしまう、
ということです。
 
Simsunというのは私が選んで使うのではなくて、emailを
MSWordにコピーすると自動的にそれになってしまうのです。
 
対策としては、micho-fontはかなり多い号数が各
計算機に入っていますので、今後はかならず、minchoに変えてから
掲載することにしたいとおもいます。これまでに掲載した文は、かなり
検査してmichoに変更したのですが、まだSimsunで残って
いるのがあるかもしれません。
 
武山さんは、字体の問題なにもなしということで、彼のは新しくない
富士通の計算機だそうですが、富士通に敬意を示さなくてはなりません。
 
というわけで、一件落着とねがいたいですね。
中村