中村さん

 

我が家にもリラの花木がありました。HPの中村さんの「ライラックの花」の写真を見て妻が「うちにもライラックの花木はありますよ.」と云う。私にはそんな認識はありませんでした。

 

実は私たちは新潟の田舎に長年住み着いていた頃その地に戸建を一軒建てて、それを今もセカンドハウス的に維持しています。

 

HPに連載中の拙文の第2話のような経緯で結婚した長男夫婦に1997年4月初孫が生まれました。それを記念して妻がハイデルベルク城から連想してリラの苗木を植えておいたのだそうです。

 

今回の連休で早めにそのセカンドハウスへ出向いた妻が去る4月26日に丁度満開のリラの花を撮影しました。1本の花木を角度を変えて撮影したものを無修正でこのメールに添付します。

 

ただし、私はデジタル写真をメールに添付するのは初体験です。貴方でうまく開けるかどうか自信がありません。写真の処理に使ったソフトはMGIのPhotoSuite8.1Jです。不成功でしたら写真の処理法をご指示下さい。

 

西村三千男

 

 

 

返信

お便りと写真有難うございました。写真はファイルの名前からは、形式がすぐには判断できませんでしたが、大学の計算機施設のプログラムをもちいて、JPEG形式と判断できました。あとはいつもどうりにページをしあげました。ライラックの右に見えるピンクの花のついた木は、英語ではレッドバッズと呼ばれる豆科の木にもみえますが、八重の桜かもしれませんね。  また写真もときどきおおくりください。一見は百聞にしかずに似た、A picture is worth thousand words と言う表現があります。

中村